コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川紹益 なかがわ・じょうえき

朝日日本歴史人物事典の解説

中川紹益

没年:元和8.6.23(1622.7.31)
生年:弘治3(1557)
桃山・江戸初期の鋳金工。「しょうえき」とも。名は与十郎。越後(新潟県)高田に生まれ,はじめ武具を作っていたが,天正年間(1573~92)京都に移り,同16年5月烏丸上立売御所八幡町に居を定めた。同年10月に北野大茶会が催されるに際し,千利休の需に応じて湯沸を制作した。これが後世のいわゆる利休薬鑵である。そののちは茶道具の金工品を専ら製造し,のち千家十職の一家に数えられるようになった。2代目以降は浄益と名を改め,現代の11代まで家業を継承している。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中川紹益の関連キーワード没年

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android