中心化(読み)ちゅうしんか(英語表記)centering; centration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中心化
ちゅうしんか
centering; centration

児童心理学者 J.ピアジェの用語。対象のうち最も目立つ側面だけに注意を集中して,それ以外の部分を無視すること。子供の知覚や思考活動の特徴とされる。知覚の場合,中心化された領域はほかよりも過大視され,そのため錯覚が生じうる。また特に,自分自身について中心化される場合,自己中心性が生じる。成長に伴いこの中心化傾向を脱し (脱中心化) ,他の目立たない部分にも注意が振向けられ,その結果,客観的な知覚や認識,論理操作が可能となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中心化の関連情報