コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中心化 ちゅうしんかcentering; centration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中心化
ちゅうしんか
centering; centration

児童心理学者 J.ピアジェの用語。対象のうち最も目立つ側面だけに注意を集中して,それ以外の部分を無視すること。子供の知覚や思考活動の特徴とされる。知覚の場合,中心化された領域はほかよりも過大視され,そのため錯覚が生じうる。また特に,自分自身について中心化される場合,自己中心性が生じる。成長に伴いこの中心化傾向を脱し (脱中心化) ,他の目立たない部分にも注意が振向けられ,その結果,客観的な知覚や認識,論理操作が可能となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中心化の関連キーワードアルケオロジーアカデミーパレルゴン戦争機械科学史冷戦覇権

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中心化の関連情報