中村仲蔵(3代)(読み)なかむら・なかぞう

朝日日本歴史人物事典の解説

中村仲蔵(3代)

没年:明治19.12.24(1886)
生年:文化6(1809)
幕末明治前期の歌舞伎役者。江戸生まれ。旅宿番頭村田市兵衛と日本舞踊志賀山流11代家元志賀山せいの子。幼名は富太郎(亀吉とも)。5代目中村伝九郎の門弟。中村鶴蔵から慶応1(1865)年に仲蔵を襲名。屋号成雀屋,舞鶴屋。俳名雀枝,秀雀,舞鶴,秀鶴など。時代物,世話物ともに巧みで所作事に長じ,実悪は名人の名を得た。当たり役のなかでは出世芸の蝙蝠の安五郎が名高い。芸道によく通じて尊敬を受けた。『手前味噌』『絶句帖』などの著作があり,いずれも貴重な資料である。4代目は3代目仲蔵・13代目中村勘三郎の門弟の12代目中村勘五郎が大正4(1915)年に襲名したが,翌年没している。<著作>郡司正勝校注『手前味噌』(復刻,1969。青蛙選書)

(池上文男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android