コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蝙蝠 カワホリ

7件 の用語解説(蝙蝠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわ‐ほり〔かは‐〕【蝙蝠】

《「かわぼり」とも》
コウモリの古名。
「人もなく鳥もなからむ島にてはこの―も君もたづねむ」〈和泉式部集・下〉
蝙蝠扇(かわほりおうぎ)」の略。
蝙蝠羽織(かわほりばおり)」の略。

こうもり〔かうもり〕【蝙蝠】

《「かわほり」の音変化》
翼手目の哺乳類の総称。前あしおよびその指が著しく発達し、これらと胴・後あし・尾との間にうすい飛膜が張って翼を形成する。視覚は鈍いが、声帯から超音波を発して、その反響を聞きながら障害物との距離をはかり、鳥のように飛び回る。夜行性。昼間は、後あしにある5本の指の鋭いかぎ状の爪で、木や岩などにぶら下がる。名は、蚊をよく捕食するところから、蚊屠(かほふ)りと呼ばれたのが語源。アブラコウモリキクガシラコウモリオオコウモリなど約950種が世界に分布。かくいどり。かわほり。 夏》「―やひるも灯ともす楽屋口/荷風
《鳥かけものか区別しにくいところから》態度のはっきりしない者。状況次第で有利な側についたりする者をののしっていう語。
こうもり傘」の略。

へん‐ぷく【××蝠】

コウモリのこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かわほり【蝙蝠】

コウモリの古名。 [季] 夏。 「簾すだれもへりは-に食はれて/大和 173
蝙蝠扇かわほりおうぎ 」に同じ。

こうもり【蝙蝠】

〔「かわほり」の転〕
哺乳綱翼手目に属する動物の総称。体はネズミに似るが、前肢の上腕骨・前腕骨および指骨・掌骨が著しく発達し、指・胴・後肢・尾の間に薄い飛膜を張って翼となる。鳥のように自由に飛べる唯一の哺乳類。後肢の鋭いかぎ状の爪をそなえた五本の指で木や洞穴の天井などにぶら下がる。超音波を発し、その反射を聞いて、障害物との距離を感知しながら飛ぶものが多い。約950種が全世界に分布し、熱帯・亜熱帯に多い。夜行性で昼間は暗所・物陰にひそむ。かくいどり。 [季] 夏。
「蝙蝠傘」の略。
[句項目]

へんぷく【蝙蝠】

動物のコウモリのこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蝙蝠
かわほり

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蝙蝠の言及

【衣冠】より

…装束を着用する衣紋(えもん)の技術が進んでも,衣冠は束帯よりも簡単で広く一般に正装なみに用いられた。それに,束帯では笏(しやく)を持つが,衣冠の場合には檜扇(ひおうぎ),後には細い骨に片面だけ紙をはりつけた蝙蝠(かわほり)という扇や,今日の末広の類をも持つことになった。つまり,正装の束帯の最も重要な要素である冠と袍との中心を固守しながら,その他の諸部分をできるだけ実生活に適合するように順次に変化させたものが衣冠で,束帯の正装としての伝統を保持する努力に並行して,この正装を時代の実情に即応せしめて進展したところに衣冠の歴史性が認められる。…

※「蝙蝠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蝙蝠の関連情報