コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村助五郎(初代) なかむら すけごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村助五郎(初代) なかむら-すけごろう

1711-1763 江戸時代中期の歌舞伎役者。
正徳(しょうとく)元年生まれ。初代仙国(せんごく)彦助の子。若衆方から立役(たちやく)となり,2代中村七三郎に入門し,元文4年中村助五郎を名のる。敵役(かたきやく)を得意とし,一代の当たり役は寛延2年市村座「頼朝軍配鑑(かがみ)」の股野五郎。宝暦13年7月13日死去。53歳。江戸出身。初名は仙石亀太郎。前名は仙石助五郎俳名は魚楽。屋号は仙国屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中村助五郎(初代)

没年:宝暦13.7.13(1763.8.21)
生年:正徳1(1711)
江戸中期の歌舞伎役者。俳名魚楽,屋号仙石屋。江戸の道外形の名人で,初代仙石彦助の子。享保10(1725)年から若衆形として活動がみられる。立役となった翌年の元文1(1736)年に2代目中村七三郎に入門して,中村助五郎を名乗った。敵役を得意とし,寛延2(1749)年に勤めた曾我狂言の股野五郎役で,河津三郎役の2代目大谷広次と相撲をとったのが一代の当たり役となった。以後このふたりは並び称され,のちに式亭三馬の『戯場粋言幕の外』では浅草寺の仁王にたとえられた。2代目助五郎は実子,その養子が3代目,昭和になってから4代目が出ている。<参考文献>『日本庶民文化史料集成』6巻

(池山晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中村助五郎(初代)の関連キーワード中村 源佐衛門(2代目)中村助五郎(3代)中村助五郎(2代)仙国彦助(初代)大谷広次(2代)藤本斗文

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android