コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村助五郎(初代) なかむら すけごろう

2件 の用語解説(中村助五郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村助五郎(初代) なかむら-すけごろう

1711-1763 江戸時代中期の歌舞伎役者。
正徳(しょうとく)元年生まれ。初代仙国(せんごく)彦助の子。若衆方から立役(たちやく)となり,2代中村七三郎に入門し,元文4年中村助五郎を名のる。敵役(かたきやく)を得意とし,一代の当たり役は寛延2年市村座「頼朝軍配鑑(かがみ)」の股野五郎。宝暦13年7月13日死去。53歳。江戸出身。初名は仙石亀太郎。前名は仙石助五郎。俳名は魚楽。屋号は仙国屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中村助五郎(初代)

没年:宝暦13.7.13(1763.8.21)
生年:正徳1(1711)
江戸中期の歌舞伎役者。俳名魚楽,屋号仙石屋。江戸の道外形の名人で,初代仙石彦助の子。享保10(1725)年から若衆形として活動がみられる。立役となった翌年の元文1(1736)年に2代目中村七三郎に入門して,中村助五郎を名乗った。敵役を得意とし,寛延2(1749)年に勤めた曾我狂言の股野五郎役で,河津三郎役の2代目大谷広次と相撲をとったのが一代の当たり役となった。以後このふたりは並び称され,のちに式亭三馬の『戯場粋言幕の外』では浅草寺の仁王にたとえられた。2代目助五郎は実子,その養子が3代目,昭和になってから4代目が出ている。<参考文献>『日本庶民文化史料集成』6巻

(池山晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

中村助五郎(初代)の関連キーワード浮世草子ビュート伯ニューフランスラルサ石上私淑言滑稽本中村助五郎(初代)養阿鶴屋南北佩文韻府

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone