コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村古峡 なかむら こきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村古峡 なかむら-こきょう

1881-1952 明治-昭和時代の小説家,医師。
明治14年2月20日生まれ。夏目漱石門下。東京帝大卒業後,東京朝日新聞に入社。文学活動をしながら心理学に関心をむけ,東京医専でまなぶ。昭和4年千葉に中村古峡療養所を開設した。昭和27年9月12日死去。71歳。奈良県出身。本名は蓊(しげる)。筆名は別に胆駒古峡。小説に「殻」,研究書に「変態心理の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村古峡の関連キーワード中村 古峡昭和時代小説家明治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android