中村夢洲(読み)なかむら むしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村夢洲 なかむら-むしゅう

1758-1830 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦8年生まれ。伊予(いよ)松山藩につかえる。はじめ古義学にひかれ丸山南海,由井天山の門でまなぶ。晩年朱子学にうつった。書にたくみで,とくに草書体をよくした。文政13年8月3日死去。73歳。本姓三善。名は愈積。通称は太作,権左衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android