コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村時万 なかむら ときかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村時万 なかむら-ときかず

?-1881 幕末の武士。
幕臣。勘定組頭(くみがしら)。嘉永(かえい)6年全権筒井政憲(まさのり),川路聖謨(としあきら)にしたがい長崎でロシア使節プチャーチンとの交渉にくわわる。安政4年最後の下田奉行となりハリスやエルギンらと交渉。のち普請奉行,佐渡奉行をつとめた。明治14年10月24日死去。通称は為弥。号は永錫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中村時万

生年:生没年不詳
幕末の幕府官僚。天保7(1836)年家督相続。嘉永4(1851)年勘定組頭,同6年筒井政憲,川路聖謨に随行して長崎に赴き,ロシア使節プチャーチンとの交渉に参加。安政2(1855)年5月勘定吟味役,次いで外国貿易取調掛を兼任。同4年4月下田奉行となりハリスとの交渉に当たったが,次第に外交の第一線を退く。万延1(1860)年閏3月普請奉行,文久2(1862)年6月同職の廃止に伴い解職。当時年50代であった。元治1(1864)年5月佐渡奉行,翌慶応1(1865)年10月辞職。以降の経歴は未詳

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中村時万の関連キーワードハリス(Townsend Harris)生年幕臣

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android