コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村淡斎 なかむら たんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村淡斎 なかむら-たんさい

1756-1820 江戸時代中期-後期の医師,俳人。
宝暦6年生まれ。家代々の医業をつぎ,江戸で桃井桃庵らに,京都で中西深斎,吉益東洞に古医方をまなぶ。郷里の信濃(しなの)(長野県)伊那で開業。また俳諧(はいかい)をよくし,加舎白雄(かや-しらお)の門人となる。文政3年8月23日死去。65歳。本姓は吉川。名は元茂。医号は昌玄。別号に伯先,坎水園。著作に「古方薬品考」,俳書「祭草」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村淡斎の関連キーワード竹田出雲(2代)ブラック九州地方藩学一覧阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイ吉雄常三

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone