コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村良臣 なかむら よしおみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村良臣 なかむら-よしおみ

1795-1850 江戸時代後期の国学者。
寛政7年5月3日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。和歌をこのみ,藩からはなれたのち摂津伊丹(いたみ)(兵庫県)の村上潔夫(さやけお)に国学をまなぶ。のち紀伊(きい)和歌山の本居大平(もとおり-おおひら)に師事,伊丹にかえって門弟たちにおしえた。嘉永(かえい)3年6月27日死去。56歳。通称は孫四郎。号は蓼舎,蓼倉など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村良臣の関連キーワード伴林光平中村良顕室谷賀親北浦定政国学者

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android