コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村良顕 なかむら よしあき

1件 の用語解説(中村良顕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村良顕 なかむら-よしあき

1829-1900 幕末-明治時代の国学者,歌人。
文政12年生まれ。叔父中村良臣(よしおみ)の家をつぐ。伊勢(いせ)(三重県)の足代弘訓(あじろ-ひろのり)らに師事,郷里の摂津伊丹(兵庫県)に興風社を創設。明治15年から大阪でおしえた。明治33年9月12日死去。72歳。字(あざな)は子毅。号は蓼舎(たでのや),蓼生(りょうせい)園。著作に「歌文答問録」,歌集「蓼生園詠草」など。
【格言など】玉はやす武庫の川浪月冴えて氷を砕く夜半の秋風(「蓼生園詠草」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村良顕の関連キーワードウォルシュ鶴屋南北俚言集覧鄭永寧俚言集覧アメリカ音楽俚言集覧アンダーソンアンベール

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone