コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村良顕 なかむら よしあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村良顕 なかむら-よしあき

1829-1900 幕末-明治時代の国学者,歌人。
文政12年生まれ。叔父中村良臣(よしおみ)の家をつぐ。伊勢(いせ)(三重県)の足代弘訓(あじろ-ひろのり)らに師事,郷里の摂津伊丹(兵庫県)に興風社を創設。明治15年から大阪でおしえた。明治33年9月12日死去。72歳。字(あざな)は子毅。号は蓼舎(たでのや),蓼生(りょうせい)園。著作に「歌文答問録」,歌集「蓼生園詠草」など。
【格言など】玉はやす武庫の川浪月冴えて氷を砕く夜半の秋風(「蓼生園詠草」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村良顕の関連キーワード中村まち子藤村 叡運上野兼子滋岡従長藤村叡運足代弘訓園八尋弾琴緒

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android