コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村覚 なかむら さとる

3件 の用語解説(中村覚の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中村覚

さとる、彦根藩士、陸軍大将、旅順攻囲軍に勇名を挙ぐ、男爵、侍従武官長。大正14年(1925)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村覚 なかむら-さとる

1854-1925 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)7年2月20日生まれ。明治5年陸軍教導団にはいる。日清(にっしん)戦争では大本営侍従武官。日露戦争では歩兵第二旅団長として旅順攻撃にくわわった。第十五師団長,侍従武官長などを歴任。陸軍大将。大正14年1月29日死去。72歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村覚

没年:大正14.1.29(1925)
生年:安政1.2.20(1854.3.18)
明治大正期の陸軍軍人。彦根藩士中村千太夫の次男。5男小林謙五は海軍中将。明治5(1872)年教導団に入り,8年陸軍少尉。10年陸軍中尉に進み,名古屋鎮台から西南戦争に出征,武勲をたてた。日清戦争(1894~95)中は大本営侍従武官。戦後東部都督部参謀長,台湾総督府陸軍幕僚参謀長を経て,日露戦争(1904~05)が勃発すると歩兵第2旅団長として出征,旅順攻囲戦で戦う。松樹山攻撃に際し白襷隊の指揮官を務め,抜刀してロシア軍に突入し負傷,猛勇振りが両軍に知られる。のち侍従武官長,関東都督などを歴任,大正4(1915)年大将。

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村覚の関連キーワード岡市之助蠣崎富三郎河村正彦児島惣次郎鮫島重雄篠尾明済津野田是重仁田原重行畑英太郎桃井直幹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村覚の関連情報