コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村覚 なかむら さとる

美術人名辞典の解説

中村覚

さとる、彦根藩士、陸軍大将、旅順攻囲軍に勇名を挙ぐ、男爵、侍従武官長。大正14年(1925)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村覚 なかむら-さとる

1854-1925 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)7年2月20日生まれ。明治5年陸軍教導団にはいる。日清(にっしん)戦争では大本営侍従武官。日露戦争では歩兵第二旅団長として旅順攻撃にくわわった。第十五師団長,侍従武官長などを歴任。陸軍大将。大正14年1月29日死去。72歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中村覚

没年:大正14.1.29(1925)
生年:安政1.2.20(1854.3.18)
明治大正期の陸軍軍人。彦根藩士中村千太夫の次男。5男小林謙五は海軍中将。明治5(1872)年教導団に入り,8年陸軍少尉。10年陸軍中尉に進み,名古屋鎮台から西南戦争に出征,武勲をたてた。日清戦争(1894~95)中は大本営侍従武官。戦後東部都督部参謀長,台湾総督府陸軍幕僚参謀長を経て,日露戦争(1904~05)が勃発すると歩兵第2旅団長として出征,旅順攻囲戦で戦う。松樹山攻撃に際し白襷隊の指揮官を務め,抜刀してロシア軍に突入し負傷,猛勇振りが両軍に知られる。のち侍従武官長,関東都督などを歴任,大正4(1915)年大将。

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中村覚の関連キーワード鄭家屯事件小林 謙五大正時代没年嘉永

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android