コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村貞太郎 なかむら さだたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村貞太郎 なかむら-さだたろう

1828-1862 幕末の儒者。
文政11年生まれ。安井小太郎の父。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。江戸で安井息軒(そっけん)にまなび,久留米で真木和泉とまじわる。息軒の娘と結婚,武蔵(むさし)下奥富(埼玉県)で塾をひらく。清川八郎をかくまったため幕府に捕らえられ,文久2年6月14日江戸で獄死した。35歳。肥前高来郡(長崎県)出身。名は百之。号は誠所。変名北有馬太郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村貞太郎の関連キーワード儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android