コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井小太郎 やすい こたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安井小太郎 やすい-こたろう

1858-1938 明治-昭和時代前期の漢学者。
安政5年6月19日生まれ。中村貞太郎の子。父が尊攘(そんじょう)運動で獄死後,母方の祖父安井息軒(そっけん)にひきとられた。島田篁村(こうそん),草場船山にまなんだのち,明治15年東京大学にはいる。学習院,一高,大東文化学院などの教授を歴任。昭和13年4月2日死去。81歳。江戸出身。名は朝康。号は朴堂。著作に「日本儒学史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安井小太郎の関連キーワード小村寿太郎漢学者

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android