コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村道太 なかむら みちた

2件 の用語解説(中村道太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村道太 なかむら-みちた

1836-1921 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)7年3月10日生まれ。もと三河(愛知県)吉田藩士。明治5年福沢諭吉の推挙で丸屋商社(現丸善)に入社。第八国立銀行,横浜正金銀行の頭取を歴任し,21年東京米商会所頭取となる。24年政争により投獄され,失脚,引退した。大正10年1月3日死去。86歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村道太

没年:大正10.1.3(1921)
生年:天保7.3.10(1836.4.25)
明治期の実業家。三河国吉田藩(豊橋市)藩士の出身。少年期から武士としての立身を望まず,商業での成功を志して明治維新後に上京し,横浜での貿易など新事業に挑戦し,また福沢諭吉とその門下の丸屋商社(丸善)の早矢仕有的と相結び,新時代の果敢な実業家として知られた。明治13(1880)年に福沢と早矢仕の提唱で,政府助成の貿易金融機関として横浜正金銀行(東京銀行)が設立されると頭取に就任したが,松方正義デフレ政策による不況に際会して15年に辞任,東京米商会所(米穀取引所)の頭取に転じた。24年仲買人の委託金を私的に使用したかどで投獄され失脚し,以後実業界では再起せず,茶道の有楽流で余生を過ごした。

(由井常彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村道太の関連キーワード豊橋市二川吉田豊橋豊橋鉄道大口喜六神野三郎近藤寿市郎夏目重蔵穂積清軒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone