コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中条兵庫助 ちゅうじょう ひょうごのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中条兵庫助 ちゅうじょう-ひょうごのすけ

?-1384 南北朝時代の武将,剣術家。
三河(愛知県)挙母(ころも)城主。伊賀(三重県)守護,室町幕府評定衆。剣と槍(やり)を念阿弥(ねんあみ)慈恩にまなんだといわれ,中条流剣術を創始して将軍足利義満(よしみつ)の師となり,おおくの門人をえる。和歌を頓阿にまなんだ。至徳元=弘和(こうわ)4年3月3日死去。名は長秀。号は元威。姓は「なかじょう」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中条兵庫助
ちゅうじょうひょうごのすけ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中条兵庫助の関連キーワード中条流(剣術)南北朝時代中条長秀堤宝山流剣道