コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中条右京 ちゅうじょう うきょう

1件 の用語解説(中条右京の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中条右京 ちゅうじょう-うきょう

1843-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年7月1日生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩士の子。京都で姉小路公知(あねがこうじ-きんとも)につかえ,中条右京を名のる。文久3年公知が暗殺されたとき防戦する。沢宣嘉(のぶよし)の生野(いくの)の変にくわわり,敗れて長門(ながと)(山口県)ににげる途中,銃弾をうけ文久3年10月14日自決。21歳。本姓は吉村。名は基好。通称ははじめ熊太郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中条右京の関連キーワード河上弥市中島名左衛門小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革井上勝緒方惟準マクブライド水野正名

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone