コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中条右京 ちゅうじょう うきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中条右京 ちゅうじょう-うきょう

1843-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年7月1日生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩士の子。京都で姉小路公知(あねがこうじ-きんとも)につかえ,中条右京を名のる。文久3年公知が暗殺されたとき防戦する。沢宣嘉(のぶよし)の生野(いくの)の変にくわわり,敗れて長門(ながと)(山口県)ににげる途中,銃弾をうけ文久3年10月14日自決。21歳。本姓は吉村。名は基好。通称ははじめ熊太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中条右京の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝ライトバビエダーリアメリカ合衆国史(年表)河上弥市エンゲルススネルマン中島名左衛門

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android