コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中条家長 なかじょう いえなが

2件 の用語解説(中条家長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中条家長 なかじょう-いえなが

1165-1236 平安後期-鎌倉時代の武将。
永万元年生まれ。成尋(じょうじん)の子。藤原道兼の流れをくむ八田知家(はった-ともいえ)の養子。武蔵(むさし)埼玉郡上中条(かみちゅうじょう)が本拠地で中条を名のった。一ノ谷の戦いでは源範頼(のりより)にしたがう。鎌倉幕府の宿老として将軍源頼家(よりいえ),源実朝(さねとも),九条頼経(よりつね)につかえ,ながく評定衆をつとめた。嘉禎(かてい)2年8月25日死去。72歳。姓は「ちゅうじょう」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中条家長

没年:嘉禎2.8.25(1236.9.26)
生年:永万1(1165)
鎌倉前期の武将。武蔵七党のひとつ横山党の小野義勝(法橋成尋)の子で,藤原道兼の子孫である有力御家人八田知家の養子となる。武蔵国埼玉郡中条保を本拠として,中条氏を称した。右馬允,右衛門尉を経て,貞応2(1223)年従五位下出羽守に至る。治承・寿永の内乱では,源範頼に従い一の谷の戦(1184)に加わり,その後豊後国に転戦。文治5(1189)年奥州藤原氏の追討に参加。源頼朝以下藤原頼経まで歴代の将軍に近侍して,鎌倉幕府宿老として重きをなした。また評定衆創設(1225)以来その職に任ぜられ,幕政に参画した。<参考文献>八代国治『武蔵武士』

(佐々木文昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中条家長の言及

【中条氏】より

…武蔵国中条保(埼玉県北部)を本領とする中世武家。武蔵七党横山党の流れをくみ中条保を領した義勝房法橋成尋(異称中条法印)の子家長が,下野国の雄族八田知家の養子となり,藤原姓中条氏の祖となった。家長は源範頼・義経の平氏追討軍にも名を連ねているが,その活躍はむしろ平時の政務において知られる。1225年(嘉禄1)創設された評定衆の一員として36年(嘉禎2)没するまでその任にあったほか,幕府の指令を伝達する特使としてたびたび上洛。…

※「中条家長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中条家長の関連キーワード勅使河原直重武蔵七党武蔵村山小山田高家久下直光成尋(2)奈良高家成田助綱人見恩阿本庄時家

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone