中江俊夫(読み)なかえ としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中江俊夫 なかえ-としお

1933- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和8年2月1日生まれ。高校時代に永瀬清子とであって詩作をはじめ,昭和27年詩集「魚のなかの時間」を発表。「荒地」「櫂(かい)」同人。39年「20の詩と鎮魂歌」で中部日本詩賞,47年詩的言語の実験として,単語を非日常化してならべた「語彙集」で高見順賞。平成8年「梨のつぶての」で丸山薫賞。ほかに小説「永遠電車」など。福岡県出身。関西大卒。本名は安田勤。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中江俊夫
なかえとしお
(1933― )

詩人。福岡県久留米(くるめ)市生まれ。本名安田勤(つとむ)。関西大学国文科出身。『魚のなかの時間』(1952)で詩壇に登場。『荒地』『櫂(かい)』同人として活躍。詩的言語の自律性をめぐる方法的実験詩集『語彙(ごい)集』(1972)で高見順賞受賞。『梨のつぶての』(1995)で丸山薫賞受賞。形而上(けいじじょう)的叙情詩の旗手として、戦後の詩的地平を開拓した。J・ラフォルグ訳詩集『地球のすすり泣き』(1975)、詩論集『詩の肖像または私自身』(1980)、小説集『永遠電車』(1977)ほかがある。『広場の話』(1965)など、放送劇の仕事も注目されている。[千葉宣一]
『『現代詩文庫39 中江俊夫詩集』(1971・思潮社) ▽『詩集・語彙集』(1972・思潮社) ▽『永遠電車』(1977・白川書院) ▽『詩の肖像または私自身』(1980・書肆水夢社) ▽『梨のつぶての』(1995・ミッドナイト・プレス、星雲社発売) ▽『田舎詩篇』(1997・思潮社) ▽ジュール・ラフォルグ著、中江俊夫訳『ジュール・ラフォルグ詩集 地球のすすり泣き』(1978・沖積舎) ▽天沢退二郎ほか編『日本名詩集成』(1996・学燈社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android