コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮魂歌 チンコンカ

デジタル大辞泉の解説

ちんこん‐か【鎮魂歌】

鎮魂祭にうたう歌。転じて、死者の霊をなぐさめるために作られた詩歌。
レクイエム2
[補説]書名別項。→鎮魂歌

ちんこんか【鎮魂歌】[書名]

馳星周の長編犯罪小説。著者の一般小説デビュー作である「不夜城」の続編。副題は「不夜城Ⅱ」。平成9年(1997)刊行。第51回日本推理作家協会賞(長編部門)受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんこんか【鎮魂歌】

死者の魂をしずめるための歌。
鎮魂祭に歌われた歌。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鎮魂歌の関連キーワードジェームズ・ベンジャミン ブリッシュパウラ モーダーゾーン・ベッカーヴィクトル ボリソフ・ムサトーフ死者の書(折口信夫の小説)ティアーズ・イン・ヘヴンモーダーゾーン・ベッカーロジェストベンスキーアレン ギンズバーグゆるぎないものひとつボリソフ・ムサートフ博奕打ち 総長賭博バトルロワイアル真夜中少年突撃団ギンズバーグアフマートワ横尾香代子茨木のり子小松 茂朗松島圭二郎田久保修平

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎮魂歌の関連情報