コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永瀬清子 ながせ きよこ

2件 の用語解説(永瀬清子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永瀬清子 ながせ-きよこ

1906-1995 昭和-平成時代の詩人。
明治39年2月17日生まれ。佐藤惣之助に師事し,「詩之家」同人となる。昭和5年詩集「グレンデルの母親」を発表。20年郷里の岡山県にかえり,農業に従事しながら詩をつくる。一貫して人間愛にあふれる詩をかき,27年詩誌「黄薔薇」を創刊。「あけがたにくる人よ」で62年地球賞,現代詩女流賞をうけた。平成7年2月17日死去。89歳。愛知県立第一高女卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永瀬清子
ながせきよこ
(1906―1995)

詩人。岡山県生まれ。愛知県立第一高女卒業。第一詩集『グレンデルの母親』(1930)により登場、北川冬彦の『時間』『磁場(じば)』の中核同人として活動。第二次世界大戦後岡山に戻り、詩誌『黄薔薇(きばら)』を主宰。ニュー・デリーの「アジア諸国民会議」にも出席、幅広い社会活動に携わる。繊細な比喩(ひゆ)法の冴(さ)える詩が多い。詩集に『諸国の天女』(1940)、『美しい国』(1948)、『薔薇詩集』(1958)、『永瀬清子詩集』(1979)ほか多数、短章集『蝶(ちょう)のめいてい』(1977)ほかがある。[原崎 孝]
『『永瀬清子詩集』『続永瀬清子詩集』(1979、82・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永瀬清子の関連キーワード伊藤信吉会田千衣子石川逸子正津勉田中清光鶴岡善久鶴見正夫寺門仁堀場清子河野道代

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永瀬清子の関連情報