コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永瀬清子 ながせ きよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永瀬清子 ながせ-きよこ

1906-1995 昭和-平成時代の詩人。
明治39年2月17日生まれ。佐藤惣之助に師事し,「詩之家」同人となる。昭和5年詩集「グレンデルの母親」を発表。20年郷里の岡山県にかえり,農業に従事しながら詩をつくる。一貫して人間愛にあふれる詩をかき,27年詩誌「黄薔薇」を創刊。「あけがたにくる人よ」で62年地球賞,現代詩女流賞をうけた。平成7年2月17日死去。89歳。愛知県立第一高女卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永瀬清子
ながせきよこ
(1906―1995)

詩人。岡山県生まれ。愛知県立第一高女卒業。第一詩集『グレンデルの母親』(1930)により登場、北川冬彦の『時間』『磁場(じば)』の中核同人として活動。第二次世界大戦後岡山に戻り、詩誌『黄薔薇(きばら)』を主宰。ニュー・デリーの「アジア諸国民会議」にも出席、幅広い社会活動に携わる。繊細な比喩(ひゆ)法の冴(さ)える詩が多い。詩集に『諸国の天女』(1940)、『美しい国』(1948)、『薔薇詩集』(1958)、『永瀬清子詩集』(1979)ほか多数、短章集『蝶(ちょう)のめいてい』(1977)ほかがある。[原崎 孝]
『『永瀬清子詩集』『続永瀬清子詩集』(1979、82・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

永瀬清子の関連キーワード方等 みゆき永瀬 清子中江俊夫

永瀬清子の関連情報