コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中江晩籟 なかえ ばんらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中江晩籟 なかえ-ばんらい

1788-1855 江戸時代後期の俳人。
天明8年生まれ。能登(のと)(石川県)輪島の人で漆器業をいとなむ。俳諧(はいかい)を成田蒼虬(そうきゅう)の門でまなぶ。桜井梅室(ばいしつ)と兄弟の契りをむすぶ。安政2年8月12日死去。68歳。没後,梅室は追悼句集に家業,風雅,子孫が富むという意味で「三富集」の題をおくった。本姓は篠原。通称は伊兵衛。別号松濤

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中江晩籟の関連キーワード晩籟俳人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android