コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中沢浅之丞 なかざわ あさのじょう

2件 の用語解説(中沢浅之丞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中沢浅之丞 なかざわ-あさのじょう

1725?-1763 江戸時代中期の一揆(いっき)指導者。
享保(きょうほう)10年?生まれ。信濃(しなの)(長野県)上田藩領夫神(おかみ)村の組頭。宝暦11年上田藩におこった農民一揆(宝暦騒動)を指導し,同村の清水半平とともに宝暦13年3月2日処刑された。39歳?

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中沢浅之丞

没年:宝暦13.3.2(1763.4.14)
生年:享保10?(1725)
江戸中期の義民。信濃(長野県)小県郡夫神村生まれ。宝暦11(1761)年に起きた,年貢減免などを要求する上田藩宝暦騒動の指導者で,強訴の罪で同村の半平と共に中島河原で死罪となる。同騒動の史料『上田騒動実記』にはふたりの処刑の際のやりとりが描かれ,辞世の句が記されている。また『上田縞崩格子』には抵抗権思想の萌芽とみられる文言が記載されている。法名竿外道刹信士。大正13(1924)年宝暦義民之碑を建立。昭和57(1982)年には宝暦騒動の句碑が建立された。<参考文献>横山十四男『上田藩農民騒動史』

(小椋喜一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中沢浅之丞の関連キーワード信濃海野幸広他田大島小村松庵斎藤邦矩清水半平平林新七藤本善右衛門(2)増田与兵衛望月太左衛門(初代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone