中臣大島(読み)なかとみの おおしま

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「中臣大島」の解説

中臣大島 なかとみの-おおしま

?-693 飛鳥(あすか)時代の官吏
日本書紀」には天武天皇の命により川島皇子らとともに歴史書の編修にたずさわったとある。持統天皇即位神祇伯(じんぎはく)として天神寿詞(あまつかみのよごと)をよんだ。「懐風藻(かいふうそう)」に漢詩2首をおさめる。持統天皇7年3月11日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android