コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣意美麻呂 なかとみの おみまろ

3件 の用語解説(中臣意美麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣意美麻呂 なかとみの-おみまろ

?-711 飛鳥(あすか)時代の官吏。
中臣国足の子。中臣東人,大中臣清麻呂の父。朱鳥元年大津皇子の謀反事件に関与して捕らえられたが,のちゆるされる。鋳銭司長官,左大弁,中納言兼神祇(じんぎ)伯などを歴任。文武天皇2年神事につかえることを理由に藤原姓から中臣姓に復した。和銅4年閏(うるう)6月22日死去。名は臣万(麻)呂ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中臣意美麻呂

没年:和銅4.閏6.22(711.8.10)
生年:生年不詳
7世紀末から8世紀初の官人。国足(鎌足の従兄弟)の子で,東人,清麻呂らの父。名は臣麻呂とも書き,藤原朝臣姓で記されることもある。朱鳥1(686)年大津皇子の謀反に加担して捕らえられたが,皇子処刑後は許されている。このときは大舎人であったという。持統3(689)年藤原不比等らと共に判事に任じられ,律令の整備に尽力したらしい。文武2(698)年8月19日,詔によって藤原姓は鎌足の子不比等だけに継がせ,意美麻呂らは神事に供奉するので,中臣朝臣姓に復することになり,以後藤原氏と中臣氏が截然と分かれていく。その後,鋳銭司長官,左大弁を歴任し,和銅1(708)年中納言兼神祇伯となり,政祭両面で重要な位置を占めた。

(森公章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかとみのおみまろ【中臣意美麻呂】

?‐711(和銅4)
奈良朝初期の高官。臣麻呂とも書く。藤原不比等の再従兄弟。若いころに大津皇子と親しかったらしく,686年(朱鳥1)の皇子処刑の際には逮捕されたがすぐ釈放され,689年(持統3)には不比等の下僚の判事。693年ころ,再従兄弟の中臣大嶋が没したために中臣・藤原氏の中では不比等に次ぐ高官となったが,娘の宮子を文武天皇夫人とした不比等のため,698年(文武2),藤原朝臣の氏姓は不比等の子孫に限定され,意美麻呂は中臣氏古来の祭祀担当として藤原という称は許されなくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中臣意美麻呂の関連キーワードカラッチ江家次第プッチーニ源平時代ターレル達延汗ベルエポックシナイア修道院坂合部大分坂合部唐

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone