コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣祐春 なかとみの すけはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣祐春 なかとみの-すけはる

1245-1324 鎌倉時代の神職,歌人。
寛元3年生まれ。中臣祐臣(すけおみ)の父。弘安5年奈良の春日(かすが)若宮神社の神主となる。二条為氏(ためうじ)らに和歌をまなび,歌は「新後撰(ごせん)和歌集」「玉葉和歌集」などにある。法性寺流の書もよくした。元亨(げんこう)4年9月5日死去。80歳。著作に「春日社造替記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中臣祐春の関連キーワード正中ウェストミンスター寺院カルト朝カルピニ多治見国長土岐頼兼多治見国長国民文化祭名村造船所東洋ゴム工業

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android