中途採用(読み)ちゅうとさいよう(英語表記)midterm employment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中途採用
ちゅうとさいよう
midterm employment

新規学卒者ではなく,既に職業経験を持つ人を採用すること。終身雇用を前提とすれば,定年に至る中途の時点で採用されることからこの名称がある。特に 1980年代に入り企業多角化や新規事業開発が活発化するのに伴い,既に専門的な職業能力を身に付けた従業員が必要とされるようになった。他方,人手不足の中で新規学卒者の募集ができない場合,他の企業で働いている勤労者を募集せざるをえない。各種就職情報誌の普及は,この傾向の強さを示している。中途採用の増大は終身雇用を美徳とする勤労観を変化させている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビジネス用語集の解説

中途採用

中途採用とは、企業が不定期に行う人材採用のことを指します。

企業では常に経営環境が変化しています。
既存事業の拡大、新規事業への進出など
企業の経営戦略に合わせて必要な人材を採用しなければなりません。

それらに対応した柔軟な採用を行うために時期を定めず、
必要に応じた求人募集を行うのが中途採用の目的です。

また企業の中では退職などによる欠員も発生します。
中途採用にはそれらを補う目的もあるのです。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうとさいよう【中途採用】

定期採用時以外に年度の途中に行う社員などの採用。また、それによって採用された者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅうと‐さいよう【中途採用】

〘名〙
① 新規卒業者以外の採用。
② 定期採用時以外の年度中途に行なう採用。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中途採用の関連情報