中野 素昂(読み)ナカノ ソコウ

20世紀日本人名事典の解説

中野 素昂
ナカノ ソコウ

昭和期の彫刻家



生年
明治30(1897)年3月31日

没年
昭和60(1985)年10月18日

出生地
福岡県豊前市

本名
中野 昂(ナカノ タクミ)

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科〔大正15年〕卒

経歴
水谷鉄也、関野聖雲建畠大夢北村西望に師事し、昭和3年帝展に「立命」で初入選。7年日本美術協会展に「羽衣」で奨励賞。一貫して官展に出品し、16年新文展では「思ひ」を無鑑査出品、31年より依嘱出品となる。39年同展審査員を務め、翌40年日展会員。日彫展にも出品。代表作に豊島区役所新庁舎落成記念「希望」、北九州市戸畑区大橋公園の青年像「大気」など。塑造の他、「羽衣」「石橋」など能を題材とする木彫をよくした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android