コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村西望 きたむら せいぼう

6件 の用語解説(北村西望の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

北村西望

彫刻家。長崎県生。東美校卒後、同校教授を務める。代表作に文展特選の「晩鐘」「長崎平和祈念像」等がある。芸術院第一部長・日展名誉会長・日本彫塑会名誉会長。文化功労者文化勲章受章。昭和62年(1987)歿、102才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたむら‐せいぼう〔‐セイバウ〕【北村西望】

[1884~1987]彫刻家。長崎の生まれ。文展帝展で活躍。男性裸像にすぐれ、長崎市原爆中心地の「平和祈念像」で有名。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北村西望【きたむらせいぼう】

彫刻家。長崎県生れ。1912年東京美術学校卒。1921年から1944年まで東京美術学校教授,日展会長を歴任。1916年《晩鐘》で文展特選。《長崎平和祈念像》など勇壮な人体像を得意とし,100歳を過ぎても平和をテーマに制作を続けた。
→関連項目建畠大夢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村西望 きたむら-せいぼう

1884-1987 明治-昭和時代の彫刻家。
明治17年12月16日生まれ。大正5年文展で「晩鐘」が特選となる。10年母校東京美術学校(現東京芸大)の教授。14年帝国美術院会員。昭和30年長崎の「平和祈念像」を完成。33年文化勲章。力づよい男性裸像にすぐれた。昭和62年3月4日死去。102歳。長崎県出身。本名は西望(にしも)。著作に「百歳のかたつむり」。
【格言など】たゆまざる歩みおそろしかたつむり―自分は天才ではない。他人が五年でやることを十年かけてでもやる

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北村西望
きたむらせいぼう

[生]1884.12.16. 長崎
[没]1987.3.4. 東京
彫刻家。 1907年京都市立美術工芸学校を卒業後,東京美術学校に学ぶかたわら,08年第2回文展に初入選。 12年に同校を卒業し,以後文展,帝展などの官展に出品を続けた。 19年帝展審査員,25年帝国美術院会員となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北村西望
きたむらせいぼう
(1884―1987)

彫刻家。長崎県に生まれる。1907年(明治40)京都市立美術工芸学校彫刻科を卒業、翌年第2回文展に初入選。さらに東京美術学校彫刻科に学び、1912年に卒業、1915年(大正4)第9回文展で『怒濤(どとう)』が二等賞、第10回文展で『晩鐘』が特選となった。1919年以来帝国美術院展覧会審査員、1921~1944年東京美術学校教授。1925年帝国美術院会員となり、官展系彫刻に指導的な役割を果たした。1958年(昭和33)文化勲章を受け、その後日本彫塑会名誉会長を務める。代表作に『長崎市原爆中心地建立平和祈念神像』(1955)などがある。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北村西望の関連キーワード木内克山本豊市浅川伯教川村吾蔵北村正信佐藤助雄内藤藤一郎林是毛利教武山田潮月

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北村西望の関連情報