コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野其明 なかの きめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野其明 なかの-きめい

1834-1892 幕末-明治時代の画家。
天保(てんぽう)5年3月生まれ。江戸の人。琳派(りんぱ)の鈴木其一(きいつ)の門人。維新後内務省につとめ,内国絵画共進会などに出品,明治宮殿の杉戸絵をえがく。酒井抱一(ほういつ)の「尾形流略印譜」を増補,刊行した。明治25年5月死去。59歳。別号に方琳堂,晴々斎。作品に「人物」「秋草二月」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中野其明の関連キーワード中野其玉明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android