中間的(読み)ちゅうかんてき

精選版 日本国語大辞典 「中間的」の意味・読み・例文・類語

ちゅうかん‐てき【中間的】

〘形動〙 中間に位置しているさま。
故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉六「女ナンテものは動物人間との中間的存在物である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「中間的」の意味・読み・例文・類語

ちゅうかん‐てき【中間的】

[形動]中間に位置しているさま。どちらにも偏っていないさま。「ヒトサル中間的存在」
[類語]中性中立中庸中正中道不偏不党ニュートラル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android