不偏不党(読み)ふへんふとう

四字熟語を知る辞典「不偏不党」の解説

不偏不党

どの、どの主義にも加わらないこと。どちらにもかたよらないで、公正・中立立場に立つこと。

[活用] ―の・―に。

[使用例] ぼくは不不党でないと新聞をやってゆくのにつごうわるいので[杉浦明平解体日暮れ|1966]

[使用例] 政治は不偏不党の立場からこそ一番よく観察できるはずだというのも[高橋和巳*白く塗りたる|1970]

[解説] 「偏」はかたよる、公平・中正でない、「党」は仲間を組む、という意味。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「不偏不党」の解説

ふへん‐ふとう ‥フタウ【不偏不党】

〘名〙 (形動) どの党、どの主義にも加わらないこと。どちらにもかたよらないで、公正・中立の立場に立つこと。また、そのさま。
※続日本紀‐養老七年(723)一〇月乙卯「王者不偏不党、尊用耆老、不故旧、徳沢流洽、則霊亀出」
※解体の日暮れ(1966)〈杉浦明平〉三「ぼくは不偏不党でないと新聞をやってゆくのにつごうわるいので」 〔呂氏春秋‐士容〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android