中院通頼(読み)なかのいん みちより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中院通頼 なかのいん-みちより

1242-1312 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
仁治(にんじ)3年生まれ。中院通成(みちなり)の子。母は宇都宮頼綱(よりつな)の娘。康元2年従三位となり,文永6年権(ごんの)大納言,永仁(えいにん)5年従一位,准大臣。奨学院別当をつとめた。正和(しょうわ)元年8月8日死去。71歳。法名は性心。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android