丸仏手柑(読み)マルブシュカン

デジタル大辞泉の解説

まる‐ぶしゅかん【丸仏手×柑】

ミカン科の常緑小高木。ブシュカンの日本在来種で、九州南部の海岸地帯で栽培。枝にとげがあり、葉は楕円形。花は薄紫色。果実は鮮黄色の広楕円形で冬に熟し、香りが強く、砂糖漬けとする。かふち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

丸仏手柑 (マルブシュカン・マルブッシュカン)

学名:Citrus medica var.medica
植物。ミカン科の常緑低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まる‐ぶしゅかん【丸仏手柑】

〘名〙 ミカン科の常緑低木。インド原産で、暖地で栽培される。高さ約三メートル。果実はレモンに似ているが外皮はかたく大きく縦にひだがあり長さ八センチメートル内外。果肉は乳白黄色、不透明で味は淡泊。砂糖漬にして食用にされる。漢名、枸櫞。かぶち。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android