コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏手柑 ブシュカン

デジタル大辞泉の解説

ぶしゅ‐かん【仏手×柑】

マルブシュカンの変種。実は先端が手の指のように分かれる。観賞用。てぶしゅかん。ぶっしゅかん。 冬 花=夏》

ぶっしゅ‐かん【仏手×柑】

ぶしゅかん(仏手柑)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶしゅかん【仏手柑】

ミカン科の常緑低木。シトロンの変種。暖地で観賞用に栽植する。果実はナツミカンぐらいの大きさの長楕円体で、先が十数個指のように分かれる。芳香があり濃黄色に熟す。ぶっしゅかん。 [季] 秋。 《 -といふ一顆置き眺めとす /高浜年尾 》

ぶっしゅかん【仏手柑】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

仏手柑 (ブシュカン・ブッシュカン)

学名:Citrus medica var.sarcodactylus
植物。ミカン科の常緑低木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

仏手柑の関連キーワードナツミカンシトロン高浜年尾砂糖漬

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android