コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏手柑 ブシュカン

デジタル大辞泉の解説

ぶしゅ‐かん【仏手×柑】

マルブシュカンの変種。実は先端が手の指のように分かれる。観賞用。てぶしゅかん。ぶっしゅかん。 冬 花=夏》

ぶっしゅ‐かん【仏手×柑】

ぶしゅかん(仏手柑)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶしゅかん【仏手柑】

ミカン科の常緑低木。シトロンの変種。暖地で観賞用に栽植する。果実はナツミカンぐらいの大きさの長楕円体で、先が十数個指のように分かれる。芳香があり濃黄色に熟す。ぶっしゅかん。 [季] 秋。 《 -といふ一顆置き眺めとす /高浜年尾 》

ぶっしゅかん【仏手柑】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

仏手柑 (ブシュカン・ブッシュカン)

学名:Citrus medica var.sarcodactylus
植物。ミカン科の常緑低木,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

仏手柑の関連キーワードナツミカンシトロン高浜年尾砂糖漬

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏手柑の関連情報