仏手柑(読み)ブシュカン

大辞林 第三版の解説

ぶしゅかん【仏手柑】

ミカン科の常緑低木。シトロンの変種。暖地で観賞用に栽植する。果実はナツミカンぐらいの大きさの長楕円体で、先が十数個指のように分かれる。芳香があり濃黄色に熟す。ぶっしゅかん。 [季] 秋。 《 -といふ一顆置き眺めとす /高浜年尾 》

ぶっしゅかん【仏手柑】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

仏手柑 (ブシュカン・ブッシュカン)

学名:Citrus medica var.sarcodactylus
植物。ミカン科の常緑低木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶしゅ‐かん【仏手柑】

〘名〙 ミカン科の常緑低木。インド東部原産。マルブシュカンの変種で日本には江戸時代に伝わり、観賞用に栽植される。高さ約三メートル。枝にとげがある。葉は長楕円形。初夏、淡紫色の五弁花が円錐状につく。果実は長楕円形で子房の心皮が裂けるため十数本の指状になる。果肉は酸味と苦味が強いが、砂糖漬にして食用とされる。てぶしゅかん。ぶっしゅかん。《・冬》
▼ぶしゅかんの花《季・夏》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
俳諧・此ほとり(1773)一夜四唫の巻「師の喪にこもる山陰の秋〈樗良〉 喰はばや百里届し仏手柑を〈嵐山〉」

ぶっしゅ‐かん【仏手柑】

〘名〙 =ぶしゅかん(仏手柑)《季・秋》 〔羅葡日辞書(1595)〕
※俳諧・桜川(1674)秋二「あのくたら三百もなれ仏手柑〈未調子〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏手柑の関連情報