コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸尾月嶂 まるお げっしょう

1件 の用語解説(丸尾月嶂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸尾月嶂 まるお-げっしょう

?-1827 江戸時代後期の画家。
伊勢(いせ)(三重県)の月僊(げっせん)にまなぶ。手工にもすぐれ,小刀一本で竹,木,石,象牙などをほった。文政10年3月23日死去。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。本姓は河村。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丸尾月嶂の関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング伊藤解析県の周産期救急医療システム小栗上野介忠順(ただまさ)薬の調剤ミス木内喜八、半古、省古

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone