コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月僊 げっせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月僊
げっせん

[生]享保6(1721).名古屋
[没]文化6(1809).1.12. 伊勢山田
江戸時代後期の画僧。姓は丹家,名は玄瑞,字は玉成。江戸へ出て増上寺に入り月僊の号を与えられる。絵は雪舟や中国,元,明の画風を学び,さらに円山応挙与謝蕪村に私淑。画料をむさぼったため乞食月僊と呼称されたが,晩年その財を投じ伊勢山田の寂照寺を再興。主要作品『群仙図』襖絵 (妙法院) ,『群盲図巻』 (知恩院) ,著書『月僊画譜』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げっせん【月僊】

[1741~1809]江戸中期の画僧。尾張の人。名は玄瑞。京都知恩院に住み、円山応挙与謝蕪村の影響を受け、山水・人物画にすぐれた。晩年、私財を投じて伊勢山田に寂照寺を再興。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

月僊【げっせん】

江戸後期の画僧。尾張の人。名は玄瑞,字は玉成。江戸増上寺で月僊の号を与えられた。のち京都知恩院に入り,円山応挙蕪村に学び,各流派を総合して新機軸を開く。山水画が多い。
→関連項目亜欧堂田善

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月僊 げっせん

1741-1809 江戸時代中期-後期の画僧。
元文6年1月1日生まれ。浄土宗桜井雪館,円山応挙にまなび,元明(げんみん)画,与謝蕪村(よさ-ぶそん)の影響もうける。安永3年伊勢(いせ)(三重県)寂照寺の住職となり,社会事業につくした。文化6年1月12日死去。69歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。俗姓は丹家。法名は玄瑞。字(あざな)は玉成。別号に浄蓮社詳(祥)誉,寂照主人など。著作に「列仙図賛」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

月僊

没年:文化6.1.12(1809.2.25)
生年:寛保1(1741)
江戸中・後期の画僧。名は玄瑞,字は玉成,別号は寂照主人,本祥寿など。尾張(愛知県)名古屋の味噌商に生まれたが,10歳で得度。のちに江戸に出て,増上寺の学寮に住み,桜井雪館に画を学んだ。のちに京都に上り,円山応挙につき,また与謝蕪村の影響を受け,両者の画調を融合して個性的な様式を確立した。安永3(1774)年伊勢山田の寂照寺の住職となる。画名が上がるとともに,画料も高く「乞食月僊」と呼ばれることもあったが,のちにその蓄財は寂照寺の再建と窮民救済の資金となったという。『列仙図賛』の著書がある。代表作に愛知県岡崎市・昌光律寺の襖絵がある。69歳で没し,寂照寺に葬られた。<参考文献>浜口良光『月僊―その伝記と作品』,『新編岡崎市史』

(河野元昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げっせん【月僊】

1741‐1809(寛保1‐文化6)
江戸後期の画僧。名は玄瑞,字は祥誉。月僊は号。俗称は丹家氏。尾張名古屋の醸造を業とする町家に生まれる(生年には1721年説もある)。少年のころ江戸に遊び,増上寺に入り,雪館に絵の手ほどきを受け,のち中国元・明の絵をも学ぶ。明和(1764‐72)のころ,京都に移り蕪村の影響を受けつつ自らの画風を確立。円山応挙に学んだとの説もある。1774年(安永3)伊勢の浄土宗寂照寺住職となる。画料1500金を官に納め,その利子でながく貧民を救ったが,これは後世まで〈月僊金〉と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げっせん【月僊】

1721~1809) 江戸中・後期の画僧。名は玄瑞。字あざなは玉成など。尾張の人。円山応挙などに師事。晩年、伊勢山田の寂照寺を再興し住職となる。また、道路や橋を普請して済民に尽くした。作「群盲渡河図巻」、著「列仙図賛」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月僊
げっせん
(1721―1809)

江戸後期の画僧。俗姓は丹家氏。尾張(おわり)名古屋に生まれる。名は玄瑞、字(あざな)は玉成、号は月僊。別号に寂照主人、本祥寿がある。10歳のとき出家。江戸へ出て増上寺に入り、桜井雪館のもとで絵を学び、大僧正妙誉より月僊の号を与えられた。のち上洛(じょうらく)して、知恩院大僧正擅誉に厚く遇された。円山応挙(まるやまおうきょ)の門に入り、また雪舟の筆意や元(げん)・明(みん)の画風を学ぶ一方、与謝蕪村(よさぶそん)に私淑して、さまざまな流派を取り込んだ鋭い筆法の作風で一家をなした。初め画料をむさぼるために、世人より「乞食(こじき)月僊」と称されたが、晩年にはその画料を資として、伊勢(いせ)山田の寂照寺を再興したほか、貧民の救済などの社会事業に大いに努力した。独特の山水、人物、花鳥、また俳画を描いているが、とくに山水に長じ、多くの作品を残している。『列仙図賛』『月僊画譜』などの著作がある。[玉蟲玲子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

月僊の関連キーワード享保の改革有期労働者小石川植物園エストニア市房山加藤美樹後藤芝山中山伝信録目安箱利尻山

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月僊の関連情報