丸山 幹治(読み)マルヤマ カンジ

20世紀日本人名事典「丸山 幹治」の解説

丸山 幹治
マルヤマ カンジ

明治〜昭和期のジャーナリスト,政治評論家 毎日新聞余録コラムニスト



生年
明治13(1880)年5月2日

没年
昭和30(1955)年8月16日

出生地
長野県

別名
号=侃堂(カンドウ)

学歴〔年〕
東京専門学校(現・早稲田大学)〔明治34年〕卒

主な受賞名〔年〕
新聞文化賞〔昭和29年〕

経歴
日露戦争の旅順包囲戦に日本新聞社の従軍記者を務め、戦争の悲惨さを報じて軍部の怒りを買う。明治42年大阪朝日新聞社に入社、「天声人語」を担当したが、大正7年の米騒動をめぐる筆禍事件(白虹事件)のため、大山郁夫長谷川如是閑らとともに退社。その後、読売新聞、中外新報、京城日報を経て、昭和3年には大阪毎日新聞社に入り、コラム「硯滴」を執筆。11年東京日日新聞(現・毎日新聞)に移っても「余録」と名を変えたコラムを合わせて25年間担当した。朝日「天声人語」の荒垣秀雄、読売「編集手帳」の高木健夫と並び称される。著書に「副島種臣伯」「硯滴余録」「余録二十五年」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「丸山 幹治」の解説

丸山 幹治 (まるやま かんじ)

生年月日:1880年5月2日
明治時代-昭和時代のジャーナリスト
1955年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android