余録(読み)よろく

精選版 日本国語大辞典「余録」の解説

よ‐ろく【余録】

〘名〙 正規の記録には記載されないような記録。余話。「明治維新余録」などと書名に用いられることが多い。
※箚録(1706)「講習には尽されぬこと有、其余意を加様に物語する故、昼の講義の余録と云旨にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「余録」の解説

よ‐ろく【余録】

正規の記録からもれた記録。余話。「太平洋戦争余録

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android