余録(読み)よろく

精選版 日本国語大辞典「余録」の解説

よ‐ろく【余録】

〘名〙 正規の記録には記載されないような記録。余話。「明治維新余録」などと書名に用いられることが多い。
※箚録(1706)「講習には尽されぬこと有故、其余意を加様に物語する故、昼の講義の余録と云旨にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「余録」の解説

よ‐ろく【余録】

正規の記録からもれた記録。余話。「太平洋戦争余録
[類語]逸話内緒話自慢話裏話秘話楽屋話内輪話打ち明け話逸聞挿話こぼれ話余話余聞エピソードアネクドート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android