余録(読み)ヨロク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 正規の記録には記載されないような記録。余話。「明治維新余録」などと書名に用いられることが多い。
※箚録(1706)「講習には尽されぬこと有故、其余意を加様に物語する故、昼の講義の余録と云旨にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

余録の関連情報