荒垣秀雄(読み)あらがきひでお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒垣秀雄
あらがきひでお

[生]1903.7.19. 岐阜
[没]1989.7.8. 東京
新聞記者,コラムニスト。 1926年早稲田大学卒業後,朝日新聞社入社。社会部に配属される。 39年東京本社社会部部長。 45年幹部総退陣のあとを受けて論説委員となり,朝刊第1面のコラム『天声人語』を担当,以来 17年6ヵ月にわたって執筆する。題材にしばしば花鳥風月自然観を取入れたことに特徴があり,名コラムニストとしての名声を獲得,56年には菊池寛賞を受賞した。 63年退社後は,自然保護運動に尽力し,日本自然保護協会会長もつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒垣秀雄 あらがき-ひでお

1903-1989 昭和時代のジャーナリスト,評論家。
明治36年7月19日生まれ。大正15年東京朝日新聞にはいり,昭和14年社会部長。20年論説委員となり,コラム「天声人語」を21年から17年6ヵ月にわたり執筆。31年菊池寛賞。退社後は日本自然保護協会会長をつとめた。平成元年7月8日死去。85歳。岐阜県出身。早大卒。著作に「戦後人物論」「新聞の眼」「季節の余白」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android