コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山郁夫 おおやま いくお

美術人名辞典の解説

大山郁夫

社会運動家。兵庫県生。早大卒。旧姓福本アメリカ・ドイツに留学後早大教授となる。退職し大阪朝日新聞社に入社、論説記者として活躍するが、早大に復帰する。大山事件をはじめ、社会運動を展開する。国際スターリン平和賞受賞。昭和30年(1955)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおやま‐いくお〔おほやまイクを〕【大山郁夫】

[1880~1955]社会運動家。兵庫の生まれ。大正7年(1918)吉野作造らの黎明会(れいめいかい)に参加。翌年、長谷川如是閑らと「我等」を創刊無産運動指導労働農民党委員長となる。第二次大戦中は米国に亡命、戦後帰国、平和運動に専念。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大山郁夫【おおやまいくお】

労働運動家,政治学者。兵庫県出身。早大卒。大阪朝日論説委員時代に民本主義論陣をはり,筆禍事件(白虹事件)で1918年退社。吉野作造らと黎明会創立,また雑誌《我等》を刊行。
→関連項目長谷川如是閑レーニン賞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大山郁夫 おおやま-いくお

1880-1955 大正-昭和時代の社会運動家,政治家。
明治13年9月20日生まれ。大正4年母校早大の教授。6年大阪朝日新聞に入社したが,翌年鳥居素川の筆禍事件を機に退社。15年労働農民党委員長に就任。衆議院議員。戦後は参議院議員,平和を守る会会長。昭和26年国際スターリン平和賞受賞。昭和30年11月30日死去。75歳。兵庫県出身。旧姓は福本。著作に「政治の社会的基礎」など。
【格言など】大衆の感覚は,支配階級の連中や御用学者たちのそれより遥かに鋭いものだといえるのである(地下の共産党への公開状)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおやまいくお【大山郁夫】

1880‐1955(明治13‐昭和30)
政治家,政治学者。兵庫県の医家に生まれる。1905年早稲田大学卒業。欧米留学後,12年母校の教授となったが,17年大阪朝日新聞に入社,民本主義の論陣に加わる。米騒動をめぐる朝日の筆禍事件(白虹事件)を機に退社,長谷川如是閑と雑誌《我等》を創刊。20年早大に復帰し民人同盟会,文化会などの学生団体を指導。政治学者としては,社会学的実証研究たる《政治の社会的基礎》(1923)を刊行。24年政治研究会の創立に参画,無産政党運動に加わる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおやまいくお【大山郁夫】

1880~1955) 政治学者・社会運動家。兵庫県生まれ。早大教授。大正デモクラシーを指導、のち労農党委員長として無産運動を指導。一時アメリカに亡命。第二次大戦後帰国し平和運動に専心。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大山郁夫
おおやまいくお

[生]1880.9.20. 兵庫
[没]1955.11.30. 東京
社会運動家。早稲田大学卒業後,シカゴ大学に留学。早大教授,『朝日新聞』論説委員,労働農民党および労農党委員長を歴任。 1932年より 47年までアメリカに政治亡命。 47年凱旋将軍のような歓迎を受けて帰国。 50年参議院議員に当選。 51年スターリン平和賞を受けた。主著『政治の社会的基礎』『現代日本の政治過程』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大山郁夫
おおやまいくお
(1880―1955)

社会運動家、政治学者。明治13年9月20日兵庫県生まれ。1905年(明治38)早稲田(わせだ)大学政治経済学科を卒業。1906年同校講師となり、1910年よりアメリカとドイツに留学、1914年(大正3)帰国して教授となる。国家主義的な色彩をもつデモクラシー論を携えて論壇に登場。1917年早稲田騒動に際し、同僚教授の解雇に反対して大学を辞し、大阪朝日新聞社に入社。翌年米騒動時の大阪朝日新聞筆禍事件(白虹(はっこう)筆禍事件)に際し、他の論説委員とともに辞職した。1919年長谷川如是閑(はせがわにょぜかん)らと雑誌『我等(われら)』を創刊し、1920年には早大に復職した。このころから国家主義的な色彩を払拭(ふっしょく)して、社会集団論を手掛りに社会主義に接近し、知識人の無産運動への参加協力の必要を唱えるようになる。そして1923年軍事研究団反対運動への参加を契機に、早大内で大学の自由と自治擁護運動の中心となった。1924年政治研究会創立委員となり、1926年労働農民党の中央執行委員長に就任、暗殺された山本宣治(やまもとせんじ)追悼演説のときの「われらの行くところは戦場であり墓場である」の文句は有名である。労働農民党の解散(1928)後、1929年(昭和4)11月新労農党を結成し翌年衆議院議員に当選したが、労農党は内部からの解消運動によって他党との合同を余儀なくされ、大山は政治的に孤立して、1932年渡米、16年間亡命生活を送る。1947年(昭和22)に帰国、早大に復帰して平和運動に参加し、1951年には国際スターリン賞を受賞した。1950年から参議院議員となり、1955年(昭和30)11月30日死去した。[赤澤史朗]
『『大山郁夫全集』全5巻(1947~1949・中央公論社) ▽大山記念事業会編『大山郁夫伝』全2巻(1956・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大山郁夫の言及

【労農党】より

…結党後,左派の門戸開放運動が起こり党内でも日農がこれに同調すると,総同盟など右派は10月党から脱退するにいたった。残留派は左派に門戸を開放,12月第1回党大会で大山郁夫を委員長に選んで陣容を立て直し,左翼政党として再出発した。以後同党は日本共産党の事実上の指導下にある合法無産政党として,また左翼社会民主主義者と共産主義者の統一戦線的政党として,弾圧にさらされながら評議会,日農などと一体となって議会解散請願運動,対華非干渉運動,金融恐慌下の要求闘争,5法律制定要求運動,27年の府県会議員選挙,28年総選挙などに取り組み,無産政党のなかでもっとも有力な党としてめざましい活動を展開した。…

【我等】より

…大正から昭和初期の高級評論雑誌。1918年の〈白虹事件〉で大阪朝日新聞社を退いた長谷川如是閑が1919年2月,大山郁夫,井口孝親らと我等社をつくって創刊した。丸山幹治,伊豆富人,大庭柯公らが参加した。…

※「大山郁夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大山郁夫の関連キーワードアレクセイ ロマノフ大正デモクラシー全国労農大衆党田部井 健次丸山 幹治滝田 樗陰加藤 勘十大西 利夫田部井健次大山 柳子石垣綾子鳥居素川上村 進滝田樗陰浮田和民小平霊園大山柳子加藤勘十島木健作河上肇

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大山郁夫の関連情報