コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンドウ Candau, Sauveur Antoine

2件 の用語解説(カンドウの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

カンドウ Candau, Sauveur Antoine

1897-1955 フランスの神父。
1897年5月29日生まれ。大正14年(1925)来日し,昭和4年公教神学校(現東京カトリック神学院)の初代校長に就任。23年再来日し,日仏学院,聖心女子大でフランス語などをおしえた。日本語による講演や著作をとおして,日仏の文化交流につくした。昭和30年9月28日東京で死去。58歳。バスク地方出身。グレゴリアナ大卒。著作に「思想の旅」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンドウ
かんどう
Sauveur Candau
(1897―1955)

筆名は貫道、あるいは苅田澄(かりたすみ)。カトリック神父。南フランスのバスク地方に生まれる。第一次世界大戦に参加し戦傷を受ける。ブルターニュで療養中、その地方の深い信仰に感動、パリ外国宣教会に入り、1925年(大正14)宣教師として来日した。在日25年。その間、カトリック大神学校の初代校長として日本人神父の養成に尽くした。39年(昭和14)第二次大戦に祖国フランスの従軍司祭として日本から応召、40年負傷。48年再度来日した。彼の博識と流暢(りゅうちょう)な日本語は、戦後の文化人をも魅了し、多くの知己を得た。また、日仏学院長、聖心女子大学教授を務め、東京・信濃町(しなのまち)の真生会館を中心に、多くの若者に宗教的かつ文化的な影響を与えた。昭和30年9月25日没。東京・府中のカトリック墓地に埋葬される。『思想の旅』(1952)、『永遠の傑作』(1955)など著訳書多数。[越前喜六]
『宮本敏行編『S・カンドウ 一巻選集』(1968・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンドウの関連キーワードカンドードーデフレンチフランス窓アベプレボーフランスソワールマンデスフランスフランステレビジオン岡田普理衛ペキネ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンドウの関連情報