コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸本歌舞伎 マルホンカブキ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸本歌舞伎
まるほんかぶき

でんでん物」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸本歌舞伎
まるほんかぶき

人形浄瑠璃(じょうるり)(義太夫(ぎだゆう)節)の作品(丸本)を歌舞伎化した狂言をいう。古くは丸本物、でんでん物(太棹(ふとざお)の三味線の響きから出たことば)、義太夫狂言、竹本(たけもと)劇ともいっていたもので、丸本歌舞伎の呼称は第二次世界大戦後の戸板康二(といたやすじ)による造語。義太夫節を歌舞伎に移すのは1708年(宝永5)ごろから始まっているが、1715年(正徳5)に近松の『国性爺合戦(こくせんやかっせん)』が京坂や江戸で相次いで歌舞伎化されたのが流行のきっかけとなり、以来『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』『義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)』『仮名手本(かなでほん)忠臣蔵』など数多くの名作が歌舞伎に移入され、今日では丸本歌舞伎は歌舞伎演目のなかばを占めるほどである。その歌舞伎化にあたっては原作に忠実な場合が多いが、ときにはかなり筋(すじ)が変えられることもある。また演出上ではちょぼを使用するのを原則とするほか、人形振りや糸に乗るせりふ回しなど、人形劇の方法が取り入れられている。[山本二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の丸本歌舞伎の言及

【歌舞伎】より


[演出と型]
 古典的な歌舞伎の演出には,特定の作品ごとに固定した〈型〉と呼ぶものがある。とくに丸本歌舞伎系の時代物では,〈型〉の固定が著しく,〈型物〉と呼ばれる作品群もある。〈型〉は,歌舞伎が長い期間にわたり幾多の俳優たちによって繰り返し上演された結果,くふうにくふうが重ねられ,洗練に洗練が加えられ,さらに厳しい取捨選択が行われて現代に伝承した,いわば決定版的な性格を持つ〈演出〉のことである。…

※「丸本歌舞伎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

丸本歌舞伎の関連キーワード市川段四郎戸板 康二戸板康二丸本物