コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹山陸郎 たんざん ろくろう

2件 の用語解説(丹山陸郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹山陸郎 たんざん-ろくろう

1853*-1897 幕末-明治時代の陶工。
嘉永(かえい)5年12月11日生まれ。丹山青海の次男。東京でワグネル陶磁器製造法をまなぶ。明治6年ウィーン万国博覧会に技術伝習生として派遣される。15-19年にも渡欧。京都粟田(あわた)窯で京焼の革新につくした。明治30年1月17日死去。46歳。京都出身。名は守文。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

丹山陸郎

没年:明治30.1.17(1897)
生年:嘉永5.12.11(1853.1.20)
幕末明治期の京焼の陶工。丹山青海の次男。諱は守文,号は董谷。幼時より父に従い製陶法を学び,中村竹渓の門に入り絵を習う。慶応2(1866)年,長崎でヨンクに西洋化学を学び,東京でワグナーに化学,窯業を学ぶ。明治6(1873)年,ウィーン万博への政府参加派遣使に選ばれ,同年7月よりウィーン工芸技術学校,のちボヘミアのカールスバットの陶器専門大学に留学。この間ヨーロッパ各地の陶器製造所を歴訪し,製陶法を学び,翌年帰国。オーストリアで石膏型による鋳型成形法を習得し,絵付用水金を持ち帰る。明治9年に中国,インド,ペルシャで陶磁の調査を行い,明治15~19年にはフランス陶器工業大学研修生として留学。明治期京焼の革新発展に寄与した。

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹山陸郎の関連キーワード賀集珉平真清水蔵六佐々木与三沢嘉介清風与平(初代)丹山青海中尾米吉元吉山口縫造山手儀三郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone