守文(読み)シュブン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ぶん【守文】

君主が、始祖の残した法律・制度を守って国を治めること。
「天下を覆さん事も―の道も叶ふまじき程を」〈太平記・三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅぶん【守文】

〔史記 外戚世家
武をもって国を興した創業者の継承者が、文をもって国を守り治めること。 「かれは-継体の器量あり/平家 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android