コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守文 シュブン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ぶん【守文】

君主が、始祖の残した法律・制度を守って国を治めること。
「天下を覆さん事も―の道も叶ふまじき程を」〈太平記・三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅぶん【守文】

〔史記 外戚世家
武をもって国を興した創業者の継承者が、文をもって国を守り治めること。 「かれは-継体の器量あり/平家 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

守文の関連キーワード創業は易く守成は難し実践理性批判一筆斎文調藤原親実北条経時丹山陸郎少弐経資北条政村劉守光継体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android