守文(読み)シュブン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ぶん【守文】

君主が、始祖の残した法律・制度を守って国を治めること。
「天下を覆さん事も―の道も叶ふまじき程を」〈太平記・三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅぶん【守文】

〔史記 外戚世家
武をもって国を興した創業者の継承者が、文をもって国を守り治めること。 「かれは-継体の器量あり/平家 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐ぶん【守文】

〘名〙
① (始祖の君主は武をもって国を興し、継承の君主は文を守って国を治めるという意から) 先祖の遺業を継承して国を治め守ること。君主が先祖の残した制度・法則を守って、武力によらないで国を治めること。
※玉葉‐承安五年(1175)九月一〇日「以国家神器継体守文之儀
※太平記(14C後)三五「天下を覆へさん事も守文(シュブン)の道も叶まじき程ぞ」 〔史記‐外戚世家〕
② 昔の学問文芸を継承し守ること。〔後漢書‐鄭玄伝論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守文の関連情報