コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹生明神 にうみょうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹生明神 にうみょうじん

「播磨国風土記(はりまのくにふどき)」逸文にみえる神。
和歌山県かつらぎ町の丹生都比売(にうつひめ)神社の祭神。丹生都比売神,爾保都比売命(にほつひめのみこと)とも。伊奘諾尊(いざなぎのみこと)の娘。天照大神(あまてらすおおみかみ)の妹ともいう。水銀産出にかかわる神で,高野山の地主神として高野明神とともにまつられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹生明神
にうみょうじん

丹生都比売(にうつひめ)神社の通称、またはその主祭神の丹生津比売(にうつひめ)大神をいう。水銀産出に係わる神で、神功(じんぐう)皇后三韓(さんかん)遠征の際、赤土を出して鉾(ほこ)や舟を染めさせ、軍威を高める神験をあらわしたという。また高野山(こうやさん)の地主神として、その子高野大神が狩人(かりゅうど)姿で空海(くうかい)を高野山へ案内した伝説は有名。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

丹生明神の関連キーワード浄土寺(広島県)後亀山天皇花園の御田

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android