コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽高庸 にわ たかつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽高庸 にわ-たかつね

1730-1765 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)15年2月9日生まれ。丹羽高寛(たかひろ)の長男。延享2年陸奥(むつ)二本松藩(福島県)藩主丹羽家6代となる。生育法(堕胎(だたい),間引き,捨て子の防止)の制定など藩政改革をすすめたが,農民一揆(いっき)や保守派の反対によって不十分な結果におわった。明和2年6月16日死去。36歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丹羽高庸の関連キーワード中野碩翁シアーズ江村如圭前古典派音楽過疎現象と市区町村合併自伝自伝文学ロマンス医学館蜘蛛の糸

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone