コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹羽高庸 にわ たかつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽高庸 にわ-たかつね

1730-1765 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)15年2月9日生まれ。丹羽高寛(たかひろ)の長男。延享2年陸奥(むつ)二本松藩(福島県)藩主丹羽家6代となる。生育法(堕胎(だたい),間引き,捨て子の防止)の制定など藩政改革をすすめたが,農民一揆(いっき)や保守派の反対によって不十分な結果におわった。明和2年6月16日死去。36歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

丹羽高庸の関連キーワード丹羽長貴

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android