コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主様 ヌシサマ

デジタル大辞泉の解説

ぬし‐さま【主様】

[代]二人称の人代名詞。江戸時代、女性が男性を敬って呼ぶ語。
「帯は裂けても―とわしが間はよも裂けじと」〈浄・曽根崎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬしさま【主様】

( 代 )
二人称。近世、女性特に遊女などが親しい男性に対し、これを敬っていうのに用いる。 「帯は裂けても-と私わしが間はよも裂けじ/浄瑠璃・曽根崎心中」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

主様の関連キーワードオーダーキッチン農民カンタータ大久保彦左衛門曽根崎心中民間信仰人代名詞チャイブ地主の神御亭さん二人称土地神

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android