夢物語(読み)ゆめものがたり

日本大百科全書(ニッポニカ)「夢物語」の解説

夢物語
ゆめものがたり

江戸後期の蘭学(らんがく)者高野長英(ちょうえい)が1838年(天保戊戌9)10月21日に、渡辺崋山(かざん)の『慎機論(しんきろん)』と同様、イギリスモリソン号来日に対する幕府の撃攘(げきじょう)策に反対して執筆した警世の書である。正しくは『戊(ぼじゅつ)夢物語』という。構成は、冬の夜ふけゆくままに、長英がひとり書を読む間に、夢となく幻となく恍惚(こうこつ)の世界に入る。そこは、ある人の家に数十人の学者が集まり、時事問題を論じている場である。やがて甲と乙とがモリソン号について問答をし始める。甲の問いに乙が答える内容は、モリソン号に代表される(ただし船名を人名と誤っている)イギリスの国勢の情報で、とくにアジア、中国への交易進出問題である。鎖国下にある日本に対して漂流民送還を口実に開国を迫っている現状を述べ、これを撃退せんとする打払令に反対した。この書は執筆後まもなく転写され、かなりの反響をよんだらしく、『夢物語評』『夢々物語』等が出た。39年蘭学者の弾圧事件である蛮社の獄が起こると、長英は本書による幕政批判の罪で永牢(えいろう)の判決を受けた。

[藤原 

『佐藤昌介校注『戊戌夢物語』(『日本思想大系 55 高野長英他』所収・1971・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「夢物語」の解説

ゆめ‐ものがたり【夢物語】

[1] 〘名〙
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「(そもそも)御辺ほどの大将軍の夢物語(ユメモノガタリ)こそおめたる儀にてへ」
謡曲八島(1430頃)「とにかくに執心の、残りの海の深き夜に、夢物語り申すなり、夢物語り申すなり」
読本・椿説弓張月(1807‐11)残「ここに書記すことどもは、夢物(ユメモノ)かたりに似たりといへども」
[2] 江戸後期の論評。一巻。高野長英著。天保九年(一八三八)成立。「戊戌(ぼじゅつ)夢物語」ともいう。イギリスの国情・海外政策・海軍力などを述べ、攘夷思想・鎖国主義を警告した書。モリソン号事件を憂えて書かれ、夢の中で討議を聞いた形式をとる。幕政批判の書として蘭学者弾圧の口実とされ、蛮社の起因となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「夢物語」の解説

夢物語
ゆめものがたり

夢に託して江戸幕府を批判した書物。「戊戌夢物語」ともいう。高野長英著。1巻。天保9 (1838) 年作。前年の天保8 (1837) 年,イギリス船 (実際はアメリカ船) 『モリソン』号が交易のため来航した際の幕府の打ち払い事件 (→モリソン号事件 ) に対し,イギリスの強大なこと,その植民政策,モリソンの人柄などを,数十人の大学者の集会のなかで甲乙二人が語るかたちで述べ,幕府のやり方の無謀なこと,国際常識のなさなどを批判。この書は翌天保 10 (1839) 年渡辺崋山の『慎機論』とともに幕府の怒りを買い,蛮社の獄のきっかけをつくった。初め無署名で2,3人に見せられただけであったが,のち筆写されて広まり,将軍徳川家慶の目にも触れた。西洋事情や国際慣行などを記した警世の書として注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「夢物語」の解説

ゆめものがたり【夢物語】[書名]

江戸後期の評論。1巻。高野長英著。天保9年(1838)起稿。モリソン号事件に対する幕府の処置を、夢に託して批判した書。蛮社の獄の起因ともなった。戊戌(ぼじゅつ)夢物語。

ゆめ‐ものがたり【夢物語】

見た夢を語ること。また、その内容。夢話。夢語り
夢のような、現実的でない話。夢語り。「結局夢物語に終わる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「夢物語」の解説

ゆめものがたり【夢物語】

高野長英著。1巻。《戊戌(ぼじゆつ)夢物語》ともいう。1838年(天保9)10月15日,尚歯会の席上で近く来航するイギリス船(実はアメリカ船)モリソン号に対し,幕府が撃攘策をもって臨むという情報を耳にし,夢中問答の形式を借りてイギリスの強盛を説き,同船撃攘の危険を警告したもの。この書は執筆後まもなく写されて反響をよび,これを批判した《夢物語評》《夢々物語》などがあらわれている。長英は翌年蛮社の獄で,この書にみえる幕政批判の罪で処罰された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の夢物語の言及

【蛮社の獄】より

…鳥居を崋山らの弾圧に踏みきらせたのは,モリソン号事件とこれにつづく江戸湾防備の問題である。1838年10月〈英船〉モリソン号渡来の風説を知った崋山は《慎機論》を書き,また長英は《夢物語》を書いて,予想される幕府の撃攘策に反対した。他方,幕府もこの風説に刺激されて,江戸湾防備体制の強化をはかり,目付鳥居と代官江川に命じて,江戸沿海を調査させた。…

※「夢物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android