コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丼池 ドブイケ

デジタル大辞泉の解説

どぶいけ【丼池】

大阪市中央区南船場にあった池。明治7年(1874)に埋められた。池に面していた丼池筋には第二次大戦前は家具問屋、戦後は繊維問屋が密集旧名、芦間池(あしまいけ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どぶいけ【丼池】

大阪市の中心部にある繊維問屋街。中央区の船場せんば)地区に位置し,心斎橋筋の東隣を南北に伸びる丼池筋のうち,中央大通りの船場センタービルをはさむ南北の一画で,隣接する本町,南久宝寺(みなみきゆうほうじ),心斎橋筋などとともに伝統的な繊維卸問屋が集中し,商都大阪を代表する中船場の問屋街を構成する。丼池筋は北の土佐堀川から南の長堀通り(長堀川が1964年に埋め立てられたもの)までの区間の街路で,かつては建具屋,指物屋道具屋などが並び,東隣の堺筋本町付近が繊維問屋の中心であったが,第2次大戦後に繊維商品を取り扱う業者がここに進出し,新しい問屋街を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どぶいけ【丼池】

大阪市中央区にある繊維・織物の問屋街。旧名、芦間池あしまいけ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

丼池の関連キーワード桂 文三(3代目)山田五十鈴大阪(市)田武 謙三久松静児問屋町織物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android